アイキャッチ

BASEリンク

Fashion・Style・Other

Jackeryのポータブル電源はどれが良い?キャンプで使う電化製品別に使用時間で容量を考えてみた!

今やキャンプと言えば、ポータブル電源が必要です。

暑い季節や冬のキャンプでも、ポータブル電源があれば快適に過ごす事が出来るんです。

山間部の避暑地とされているキャンプ場でも、ここ数年は酷い暑さ。

暑い都心部を避けて楽しむ為に来たのに、我慢大会になってしまうのは辛いですよね。

ゆ〜ちゃん
うちわがあれば何とか過ごせそうじゃん!
それは一昔前だよ。
あっちゃん

以前のキャンプと言えば、手で扇ぐうちわがあれば涼を取ることができました。

しかし現代では、風力が強い扇風機やサーキュレーターで楽して涼みたいですよね。

冬キャンプでは、厚着をして寝袋に包まらなくても、電気毛布があれば何とかなっちゃう。

でも、それらの電化製品を使う為には、電源付きのサイトを予約して取るか、ポータブル電源が必要です。

昨今のキャンプ人気で、冬キャンプでも混雑しているので、その中で電源付きサイトを予約するのは結構大変。

それならどこでも使えるポータブル電源の方が、融通が効いて良くありませんか?

そこで今回は、キャンパーの中で人気が高いJackeryのポータブル電源で扇風機やサーキュレーター、または電気毛布がどのくらいの時間使えるか、容量別に見てみたいと思います。

これで、Jackeryのポータブル電源の中でも、どの容量を買えば良いか分かるはず。

是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

キャンプにはJackeryのポータブル電源の中でどの容量がおすすめ?

Jackeryのポータブル電源の容量

容量別

出典:Jackery

現在、AmazonでJackeryのポータブル電源を見てみると、容量は240・400・708・1000・1500・2000の6種類がラインナップされています。

Jackery240は240Wh、Jackery400は400Wh、Jackery708は708Wh、Jackery1000は1002Wh、Jackery1500は1534.68Wh、Jackery2000Proは2160Whと容量が大きくなるとJackeryの後に来る数値がぴったりではなく、だいたいで表記されるようになります。

Jackery240

出典:Jackery(Jackry240)

この容量の他にはポートの数に違いがあり、例えばJackery240にはUSB-Aの出力ポート2つ・ACコンセント出力1つ・シガーソケット1つですが、Jackery1500になると、USB-A2つ・USB-C1つ・ACコンセント出力3口にシガーソケット1つにとなります。

Jackery2000Pro

 

出典:Jackery (Jackry2000Pro)

さらに大きいJackery2000ProではUSB-Aが2つ、 USB-Cが2つ、ACコンセント出力が3口と変わってきます。

最近のポータブル電源に付いているワイヤレス充電や、DC出力端は付いていません。

ゆ〜ちゃん
Jackeryは他社より出力の種類が少ないって事だよね?
でもそんなに使わないから大丈夫だと思うよ。
あっちゃん

確かにDC出力は僕の場合はほとんど使わないし、iPhoneの充電はワイヤレス充電よりもUSB-AからLightningで繋ぐ事の方が多いです。

Jackeryのポータブル電源は、必要最低限の出力ポートを有しているといった感じです。

また各容量別で定格出力に違いがあります。

例えば定格出力が200Wだったら、消費電力が200Wを超えるドライヤーや電気ポットなどは使う事が出来ません。

容量が大きいポータブル電源は、この定格出力も大きくなっているので、使える電化製品の種類も増えてきます。

ただ消費出力が大きいと、その分使用する電力が大きくなるので、バッテリーがどんどん消費されてしまいます。

それを考えるとキャンプでは、消費電力が大きい電化製品を長時間使う事は避けた方が賢明です。

Jackry 240 400 708 1000 1500 2000pro
Wh 240 400 708 1002 1534.68 2160
USB-A 2 2 2 2 2 2
USB-C - - 1 2 1 2
ACコンセント 1 1 2 3 3 3
シガーソケット 1 1 1 1 1 1
定格出力W 200 200 500 1000 1800 2200
定格出力(瞬間出力) 400 400 1000 2000 3600 4400



キャンプ使う電化製品の平均的な消費電力

コイズミ 扇風機 ACモーター

出典:Amazon(コイズミ扇風機ACモーター)

夏休みやお盆には、みんなでキャンプに行きたいと考える人が一気に増えます。

扇風機をポータブル電源に繋いで首振り機能で使ったしても、風が当たらない時には暑くなってしまいます。

常時扇風機の風を浴びたいなら、1人1台のポータブル電源と、扇風機本体が必要です。

1人なら、購入したポータブル電源1台で何とか1泊2日を過ごせると思いますが、これが人数が増えると困ったもの。

扇風機を1人占めできないし、扇風機の取り合いになってしまうかも。

もし扇風機を独占して使いたいなら、その都度ポータブル電源や電化製品の数も増やさないと対応しきれません。

大容量のポータブル電源があれば、2台とか3台の扇風機を繋げて使えると思うのですが、これも値段が高いのでそう簡単には購入する事が出来ません。

今回は使用する人数の事は深く考えずに、取り敢えずポータブル電源1台に対して1つの電化製品を繋げて使うという、ソロキャンプを想定して考えてみたいと思います。

例えば夏キャンプに使いたい扇風機。一般家庭にある首が長い扇風機で見てみると、1万円以下のHITACHIの ACモーターの物で風量最大で42W。

DCモーターだと消費電力が21W。

他社の物でもACモーターだと35Wぐらいとかなので、大きく見積もって45Wとしておきましょう。

DCモーターはだいたい21Wぐらいの物が多いかなと思います。

山善 サーキュレーター

出典:Amazon(山善 サーキュレーター)

直線的な強い風が夏キャンプでは涼しいサーキュレーターだと、例えばアイリスオーヤマの物なら38W、山善の3,000円くらいのもので最大で32W、アンド・デコのサーキュレーターは18Wと低くなっていましたが、これも多めに見積もって38Wとしておきます。

最近人気が高まっているポータブル冷蔵庫。このバッテリーを搭載してないタイプで30リットルのものだと消費電力は45W。他のメーカーのものも45Wや60W。

ポータブル冷蔵庫は、見た中で1番消費電力が大きかった60Wとして考えます。

Jackery240で電気毛布

冬になれば、電気毛布が活躍します。

寝る時は電気毛布を強モードにして、敷いても上から掛けても、又はダブルサイズならそこに包まって寝る事でかなり快適でなんです。

例えばコイズミの130×80cmの電気毛布なら、消費電力は40W。

Sugiyamaの140×80cmなら消費電力は55W。

MORITAの190×130cmのダブルサイズある電気毛布なら60W。

ライフジョイ 電気毛布

出典:Amazon(ライフジョイ 電気毛布)

ライフジョイのふかふかの掛け電気毛布なら80W。

ゆ〜ちゃん
ふかふかだと消費電力が高くなるのかな?
そんな事はなさそうだよ。
あっちゃん

山善のふかふかの掛け電気毛布だと消費電力は50Wなので、ライフジョイの電気毛布が消費電力が高いようです。

平均的には55Wで考えたいところですが、ライフジョイの電気毛布を使った場合も考えたいと思います。

使用時間の算出

算出

ポータブル電源のメーカー各社は、基本的にはポータブル電源の容量に損失分を引いた分で8割の数値を出して、それを使用する電化製品の消費電力で割って何時間使えるか数値を出しています。

基本的に損出が20%なんですが、メーカーによっては15%などで出しているところも中にはあります。

ゆ〜ちゃん
損失を小さくしたら長く使えるように見えるもんね。
それが故意的なのかどうかは分からないけどね・・・
あっちゃん

一般的には20%の損失があるとされているので、それで出した数値(使用できる時間)の方がより正しいと思います。

しかし気温などのシュチュエーションによっても変わってくると思うので、その数値や今回出す数値が正しいとは言い切れません。

環境によって前後する事は、理解しておくのが良いと思います。

扇風機ACモーター(約45W)

シャープ 扇風機 リビングファン ACタイプ

出典:Amazon(シャープ 扇風機 ACタイプ)

Jackery240は容量が240Whなので、損失分の20%を引いておきます。その数値に今度は扇風機の45Wで割ると何時間使えるかがだいたい分かります。

なので(240×0.8)÷45となり、答えは4.2・・・。

だいたい4時間10分ぐらいの時間使える事になります。

という事は、キャンプに持って行っても、お昼から使って夕方ぐらいには扇風機もポータブル電源も使えなくなってしまう事になります。

昼12時から使い始めて、出来れば就寝中も、そして翌日のチェックアウト時の11時ぐらいまで使いたいので23時間ほど・・・24時間使えれば余裕を持てると考えると、Jackery1500以上(27時間10分ぐらい)のポータブル電源である必要があります。

ただずっと強モードで使うことはないかも知れないし、そもそも扇風機の消費電力は少し多めに見積もっている物です。

Jackery1000

出典:Jackery(Jackery1000)

そう考えるとJackery1000(17時間50分ぐらい)辺りでも良いかも知れません。

ゆ〜ちゃん
でもJackery1000でも値段が高いよ・・・
もう何処かで妥協するしかないよね。
あっちゃん

扇風機も強モードで使い続けると、思っている以上に消費してしまいます。

使い所をよく考えておく必要がありそうです。

扇風機ACモーター(約45W)で使った場合

商品名 使用時間(時間)
Jackery240 4.26
Jackery400 7.11
Jackery708 12.58
Jackery1000 17.81
Jackery1500 27.28
Jackery2000Pro 38.4

扇風機DCモーター(21W)

アイリスオーヤマ 扇風機DC

出典:Amazon(アイリスオーヤマ 扇風機DC)

扇風機でもDCモーターなら、消費電力が抑えられます。

最小の容量のJackery240だと、約9時間10分に届かないぐらい。

Jackery400の400Whなら、15.23時間。

だいたい15時間12分前後の時間、強モードにして使えます。

Jackery708

出典:Jackery(Jackery708)

Jackeryの708なら、DCモーターの扇風機がほぼ27時間強使えるので、この容量があれば安心です。

ソロキャンプなら独占して、ファミキャンなら首振り機能で全体に風が行き渡るようにして使いたいですよね。

扇風機DCモーター(約21W)で使った場合

商品名 使用時間(時間)
Jackery240 9.14
Jackery400 15.23
Jackery708 26.97
Jackery1000 38.17
Jackery1500 58.46
Jackery2000Pro 82.28

サーキュレーター(38W)

モダンデコ 3D首振り サーキュレーター

出典:Amazon(モダンデコ サーキュレーター)

僕はキャンプでは扇風機を使うよりも、直線的で強い風くるサーキュレーターを使うことが多いです。

小型の扇風機と、サーキュレーターの組み合わせで、ソロキャンプで使っています。

ちょっと多めに見積もったサーキュレーターの消費電力は、約38W。

一番容量が少ないJackery240だと、約5時間程度。これだと、夕方には使えなくなってしまいます。

サーキュレーターも扇風機と同じく、夜も使えてさらに翌日まで使いたいので、できれば24時間ぐらい。

Jackery1500

出典:Jackery(Jackery1500)

そう考えると、Jackery1000の21.09時間、またはJackery1500の32.30時間は欲しいところ。

でも、この辺りの容量はちょっと値段が高い。

常に強モードで使うことはないと考えて、Jackery708辺りにしておくのが良いのかも知れません。

あっちゃん
でも途中で使えなくなったら嫌だな・・・
暑がりだもんね〜
ゆ〜ちゃん
アイキャッチ画像小型扇風機
夏キャンプを涼しく過ごすのには扇風機とサーキュレーターは必須!!コードレス扇風機やサーキュレータの選び方とおすすめ商品7選

夏のキャンプは、冬よりずっと軽装で良いというのが嬉しいですよね。 都会よりちょっと涼しい避暑地でキャンプとなると、初心者にも挑戦しやすいと思います。 The following two tabs ch ...

続きを見る

サーキュレーター(約38W)で使った場合

商品名 使用時間(時間)
Jackery240 5.05
Jackery400 8.42
Jackery708 14.90
Jackery1000 21.09
Jackery1500 32.30
Jackery2000Pro 45.47

ポータブル冷蔵庫(60W)

Bonarca ポータブル冷蔵庫

出典:Amazon(Bonarca ポータブル冷蔵庫45W)

ポータブル冷蔵庫があれば、いつでも冷たいドリンクを飲めるし、冷凍庫が使えればアイスクリームを食べることができます。

もちろん食材も保冷しておけるので、痛むような事は防げるはず。

昨今人気のポータブル冷蔵庫は、どのくらいの容量のポータブル電源があれば良いのでしょうか?

ゆ〜ちゃん
翌日の朝食までは持たせたいな。
僕は夜のデザートでアイスクリーム食べる時まででいいや!
あっちゃん

容量の少ないJackery240だと、約3.2時間。

これだとキャンプ場についてテントを設営して、ちょっとのんびりしたらもう使えません。

バッテリーを内蔵していないポータブル電源は、キャンプ場まで行く移動時、ポータブル電源から電力を取らずに車のシガーソケットから電力を取れます。

もしかしたら中にはシガーソケットから給電する事が出来ない物もあるかも知れませんが、ほとんどの機種ではキャンプ場に着いてポータブル電源に接続してから時間の計測で良いと思います。

Jackery400だと、12時のチェックインから考えると夕方17時20分ぐらいまで。

これだと夕飯の準備の時にはバッテリーが切れている事になるので、できればもう1つ容量が大きいJackery708(9.4時間)が良さそうです。

朝まで使いたいなら、Jackery1500で20時間以上使って朝8時過ぎなので、このぐらいの容量が必要になります。

見た中で1番消費電力が大きな60Wで計算したので、45Wのポータブル冷蔵庫ならもう少し使える時間が伸びます。

ポータブル冷蔵庫(約60W)で使った場合

商品名 使用時間(時間)
Jackery240 3.2
Jackery400 5.33
Jackery708 9.44
Jackery1000 13.36
Jackery1500 20.46
Jackery2000Pro 28.8

電気毛布(55W)

コイズミ 電気毛布

出典:Amazon(コイズミ 電気毛布40W)

寒い冬キャンプでは、電気毛布を強モードで使わないと寒くて見が覚めてしまいます。

いくら弱モードが消費電力が低いからといって、それを参考にしてしまうと失敗してしまう事になります。

平均的には55Wとしたので、それで当てはめてみるとJackery240では、3.49時間。だいたい3時間30分弱、これでは真夜中に寒くて目が覚めてしまう事になります。

22時に就寝したとして朝6時に起床する予定だとすると、最低でも8時間使える必要があります。

Jackery708なら10.29時間使えるので、電気毛布を使うならこの容量以上が良さそうです。

電気毛布(約55W)で使った場合

商品名 使用時間(時間)
Jackery240 3.49
Jackery400 5.81
Jackery708 10.29
Jackery1000 14.57
Jackery1500 22.32
Jackery2000Pro 31.41
電気毛布レビュー
冬キャンプで寝る時のおすすめは電気毛布〜就寝時の暖房器具としてSugiyamaの電気毛布(敷き毛布)NA-023Sをレビュー〜

最近、冬キャンプをしている方が増えているようです。 いつもだと人があまりいないような時期なのに、キャンプ場にそこそこの人がいるような気がします。 The following two tabs chan ...

続きを見る

ライフジョイのふかふか掛け電気毛布(80W)

ライフジョイ 電気毛布

出典:Amazon

ライフジョイのふかふかの掛け電気毛布は、他の電気毛布よりも消費電力が高かったです。

僕は電気毛布を敷いて使っていますが、このようなふかふかのタイプなら掛けて使いたいですよね。

80Wもあるので、どれも使える時間は短くなりそうです。

Jackery240だと2.4時間なので、これでは全く使えません。

最低8時間使うとなると、Jackery1000の約10.02時間。

あっちゃん
これだったら、電気毛布を消費電力が少ない物にした方が良さそうだね。
その方が経済的に良さそうだよね。
ゆ〜ちゃん

ふかふかの掛け電気毛布は、ライフジョイ以外だったら消費電力がもっと低い物があります。

キャンプでポータブル電源から給電する場合には、なるべく消費電力の低い電化製品を選んだ方が良いと思います。

ライフジョイのふかふか掛け電気毛布(約80W)で使った場合

商品名 使用時間(時間)
Jackery240 2.4
Jackery400 4
Jackery708 7.08
Jackery1000 10.02
Jackery1500 15.34
Jackery2000Pro 21.6

まとめ

キャンプで使うポータブル電源と言っても、現在ではかなりのメーカーやブランドと容量が多種多様にあって、選ぶのに悩んでしまいますよね。

今回はその中でもキャンパーさんに人気が高いJackeryのポータブル電源に的を絞ってみてみました。

ポータブル電源の購入する時は、まずは何を目的に使うか考える必要があります。

使いたい電化製品でも、なるべく消費電力が低い物を選び購入するのがポータブル電源を長時間使うコツです。

その上で、その電化製品がどのくらいの時間使う必要があるのか、どのくらいの時間バッテリーが持ってくれなきゃ困るのかを考えましょう。

ポータブル電源は、容量が大きくなればなるほど値段が高くなります。

その為、予算オーバーになってしまう事も考えられます。

時には時間に妥協し、時には用途に妥協するなども必要になってくると思います。

その中で、最適な容量のポータブル電源を選びましょう。

Jackeryのポータブル電源なら、JVCケンウッドと戦略的パートナーだし、色々な企業が採用しているバッテリーを使っているので安心です。



ご購入はこちら

ポータブル電源アイキャッチ
消費電力500Wが使えるおすすめのポータブル電源!!非常時にはポータブル電源が役に立つ!

キャンプにポータブル電源を持っていくことって、数年までは現実的ではありませんでした。 それは、ポータブル電源の値段がまだ非常に高く、僕ら一般人には高嶺の花だったんです。 The following t ...

続きを見る

The following two tabs change content below.

あっちゃん

子供たちも大きくなり、なかなかファミキャンに行くことができなくなりました。キャンプ歴約26年・・・そろそろソロキャンプに本腰を入れる時が来たのかも。そんな中年パパがソロキャンプ用のキャンプ道具についてあれこれ言ってます。ファミキャンブログ「あっちゃんのうちキャン」も書いてます! ・キャンプブログ歴7年目 ・ライフスタイルブログ歴6年目 ・ソロキャンプブログ歴2年目 ・手袋のスワニー公式アンバサダー ・スタークR公式アンバサダー ・Makuakeアンバサダー ・pipin公認アンバサダー ・EXPLAZA公認エキスパート ・キャンプクエスト公式ライター ・CAMPOUT提携ライター ・Picky's記事監修 をさせていただいております。

関連コンテンツ

-Fashion・Style・Other
-,

© 2022 あっちゃんの時々ソロキャン