樹々の下のランドステーション

Tent・Tarp・Sleeping

今注目を浴びるツーポールシェルターでキャンプをおしゃれに!比較的安く買えるおすすめシェルター5選!!

キャンプに行ったら、オシャレなテントで過ごしてみたいですよね。

最近では、ズバリ「これがテントだ」という物より、ツーポールシェルターのようなデザインの方がオシャレなんです。

2本のポールで立ち上げたシェルターは、目隠しもできるから、まるで秘密基地のように使う事ができます。

キャノピーを張り出せば、開放感抜群の大型のタープのようにも使えます。

そして、何と言っても見た目がオシャレ。

ゆ〜ちゃん
憧れちゃうよね!

キャンプと言ったらテントという概念を取り払った、画期的なツーポールシェルターがおすすめなんです。

テントを購入する前に、1度ツーポールシェルターも考えてみませんか?

今回は、比較的安く買うことができるおすすめのツーポールシェルターを紹介します。

スポンサーリンク

キャンプで目立つ!テントはオシャレなツーポールシェルターがおすすめ

ogawa ツインピルツ フォークL

ツインピルツ

 

出典:楽天

ツーポールシェルターと言ったら、ogawa のツインピルツが有名です。

新しくなったツインピルツ フォークLは、使いやすいサイズと広々とした空間を持ち合わせているシェルターなんです。

あっちゃん
以前のツインピルツフォークより少し大きいようです。

サイズは630×355×(h)210cmで、二股ポールを使い快適なスペースを確保しています。

別売りのハーフインナーやフルインナーを用意すれば、就寝スペースも確保する事ができます。

テントの代わりに、ツーポールシェルターを用意しておけば、快適に過ごせる上おしゃれにもなっちゃいます。

カラーがサンドベージュ×ダークブラウンになったのも、以前のタイプよりよりカッコいいと思います。

ogawa ツインピルツ フォークL スペック

詳細

サイズ:横700cm×奥行400cm×高さ225cm

収納サイズ:75×28×28cm

総重量:8.2kg

素材・フライ:ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1,800mm)

素材・ポール:6061アルミ合金 φ30mm

キャプテンスタッグ CSクラシックス キャンプベースUV

キャプテンスタッグ キャンプベース屋外での使用風景

出典:楽天

キャプテンスタッグのキャンプベースUVは、インナーテントが付属していながらも比較的安く購入できるツーポールシェルターです。

清潔感のあるカラーリングは、キャンプ場でも映えそうですよね。

サイズは680×380×(h)220cmと、ogawa のツインピルツ フォークより少し大きめの作りになっています。

ゆ〜ちゃん
安いのに広いんだね!

ひさし用のポール4本が付属していて、それらを合わせて使うことにより、多彩なバリエーションで張ることができます。

テントにも、大型のスクエアタープにもなっちゃうキャプテンスタッグのツーポールシェルター、キャンプベースもなかなか良さそうです。

キャプテンスタッグ CSクラシック キャンプベースUV スペック

詳細

サイズ:680X380XH220mm

インナーサイズ:240X240XH200mm

収納サイズ:72X23X24cm

重量:14.7kg

素材・フライ:ポリエステルリップストップ210T(PU2,000mm)UVカット・撥水加工

素材・インナー:185Tポリエステル(通気性撥水加工)

素材・フロア:ポリエステルOXF150D(PU3,000mm)

素材・ポール:φ22・16mmスチール(粉体塗装)

付属品:ひさし用ポール4本、ガイドロープ14本、ペグ34本、ハンマー1本、ポール用収納袋1枚、ペグ用収納袋1枚、キャリーバッグ1枚

BUNDOK(バンドック)2ポールテント

屋外で設営しているバンドックの2ポールテント

出典:楽天

バンドックの2ポールテントは、キャプテンスタッグのキャンプベースUVより更に安く購入する事ができます。

その分少しサイズが小さく、600×300×(h)210cmとなっています。

カラーリングは爽やかな印象で、緑の芝の上によく合いそうです。

耐水圧が他のツーポールシェルターよりもあり、フライで3000mm、フロアで5000mmと頼もしい数値になっています。

あっちゃん
安いけどちゃんとしていそうですよね。

メインポールの他にサブポールが2本付いているので、設営バリエーションも増えて良さそうです。

インナーテントも2つ付属しているので、そのままキャンプに持っていって使える事ができます。

バンドック 2ポールテント スペック

詳細

サイズ:600×300×(h)210cm

インナーサイズ:240X240XH200mm

収納サイズ:65x27x25cm

重量:7.5kg 耐水圧(約):フライ3000mm・フロア5000mm

素材・フライ:ポリエステル

素材・インナー:ポリエステルメッシュ

素材・フロア:ポリエステル

素材・ポール:アルミ合金

付属品:インナーテントx2・メインポールx2・サブポールx2・ペグ 20・ロープ 6・収納ケース 1・取扱説明書

テンマクデサイン サーカス 720DX

キャノピー張り上げてるテンマクデザインのサーカス 720DX

出典:Amazon

テンマクデサインのサーカス 720DXは、見た目が2ポールシェルターですが、実はクロスポールを使ったシェルターになっています。

強度が高いスチール製のポールを使用しているので、安心して使う事ができます。

サイズは720×360×(h)220と大きく、広々とした空間を確保できます。

あっちゃん
テンマクデザインの中でもカッコいいシェルターの1つだと思います。

インナーは標準装備されていて、左右どちらにでも取り付ける事ができます。

追加でもう1つインナーを購入すれば、両側に就寝スペースを確保する事ができます。

1つのインナーが225×225×(h)200cmと広々と使えるので、2つあればファミリーやグループでも快適に使えるシェルターになると思います。

耐水圧はフライ、フロアとも1.500mmとなっていて、雨の吹き込みを防ぐサイドフラップも付いています。

これなら、雨が降っても大丈夫ですよね。

カッコ良いテンマクデサインのサーカス 720DXもおすすめです。

テンマクデサイン サーカス 720DX スペック

詳細

サイズ:720×360×(h) 220cm

インナーサイズ:225×225× (h)200cm

収納サイズ:75×35×35cm

重量(約):23.8kg (本体7.4kg、インナー2.3kg、ポール10kg)

耐水圧(約):フライシート1,500mm/インナーフロア1,500mm

素材・本体:ポリエステル 150D(表面テフロン加工・裏面ポリウレタンコーティング・UVプロテクション加工)

素材・インナーウォール:ポリエステル 68D(表面撥水加工)

素材・インナーフロア:ポリエステル 210D (ポリウレタンコーティング

素材・フレーム:スチール製クロス型(Φ25mm/325cm)×2セット

素材・フロントポール:(Φ19mm/180cm)×2本

付属品:張り綱(2.5m×4本、3m×9本、10m×2本)、スチール製ペグ29本、収納袋

テンマクデザインなら他のテントも大人気でおすすめです!

テンマクデザインのサーカスTCとパンダTCで焚き火を楽しもう!ソロキャンプに使えるポリコットンのテントの魅力

今欲しいテントがあるんです。 最近テントの素材って、コットンとポリエステルの混紡素材のポリコットンが流行ってるんです。

続きを見る

スノーピーク ランドステーション L

草原に設営しているスノーピーク ランドステーションLを斜めから

出典:楽天

スノーピーク のランドステーションLは、2本のメインポールで自立するの大型のタープです。

幕体はファスナーによって分解ができ、それに合わせてポールを追加する事によって、様々なアレンジをする事ができます。

ゆ〜ちゃん
これを使いこなしたらカッコいいよね!

ランドステーションLの他に、ランドステーションのProモデルもありますが、Proモデルならフライがシールド加工されているので太陽の光の透過を抑えてくれます。

ランドステーションのProモデルなら、暑い夏でも快適に過ごす事ができます。

スノーピーク のランドステーションを使いこなしていれば、ちょっとカッコ良いキャンパーに見えますよね。

余裕があればランドステーション Proにしたいところですが、普通のランドステーションLの価格にも惹かれちゃいますよね。

スノーピーク ランドステーションL スペック

詳細

サイズ:885×510×(h)210cm

収納ケースサイズ:76×28×33(h)cm

平均総重量:8.15kg

材質:150Dポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング・耐水圧3,000mmミニマム(GRAY部)、テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点)・UVカット加工

付属品:ルーフテープ、自在付二又ロープ長(×2)、自在付二又ロープ短(×2)、 自在付ロープ(×4)、ポールケース、ペグケース、取扱説明書

ランドステーションLだとかなり大きめですが、Mだと他のブランドの2ポールテントに近いサイズになります。

サイズは740×460×(h)210cmです。

まとめ

キャンプをオシャレにするなら、まずは一番目立つテントを変える必要があります。

そんな時にはツーポールテントが、サイトの雰囲気を一変させてくれるんです。

ツーポールシェルターは、設営も簡単に行えるし、大型のタープやリビングスペースとしても使うことが出来ます。

インナーテントがあれば、寝室スペースも確保できちゃうんです。

まさに、キャンプのベース基地。

しかもオシャレな基地なので、みんなが注目しちゃいます。

価格帯も、2ルームテントと同じものが多くあります。

昨今人気が高い2ルームテントはキャンプ場で、他の人と被ってしまう確率が高いです。

周りの人と違いを見せるのには、ツーポールシェルターがおすすめです。

ファミキャンからソロキャンプへ移行するパパへおすすめのテントはこれ!

アイキャッチ画像ソロキャンプ
ソロキャンプ用テントのおすすめはこれ!ファミキャンからソロキャンプに移行するパパに欠かせない1人用ソロテントを考えてみる!

今流行中のソロキャンプ。 誰に気兼ねすることもなく、都会から離れ自然を感じながら楽しむソロキャンプは本格的なアウトドアマニアからライトな層まで幅広く人気ですよね。

続きを見る

シェルターを使ってカンガルースタイルに挑戦するのもおすすめです。

アイキャッチ画像カンガルースタイル
カンガルースタイルのキャンプがおすすめ!デメリットに比べてメリットが多いスタイルはソロキャンプでもファミキャンでも活躍するはず!

大自然の中で楽しむキャンプと言っても、大部分はリビングや寝室となるテントの中で過ごしますと思います。 テントと一括にしていますがその形は様々で、寝室機能に特化したソロ用の小さなテントからワンタッチで開 ...

続きを見る

アイキャッチ画像 出典:楽天

-Tent・Tarp・Sleeping
-

© 2021 あっちゃんの時々ソロキャン