Tent・Tarp・Sleeping

テンマクデザインのサーカスTCとパンダTCで焚き火を楽しもう!ソロキャンプに使えるポリコットンのテントの魅力

今欲しいテントがあるんです。

最近テントの素材って、コットンとポリエステルの混紡素材のポリコットンが流行ってるんです。

ポリコットン(T/C)の素材は、ポリエステルに比べて通気性が良くて、遮光性が良いんです。

あっちゃん
焚火に強くてキャンプにもってこいな素材なんです。

耐火性も良いので、火の粉が飛んできても穴が開きにくいんです。

しかも結露だってしづらいんです。

こんなに良いことだらけの素材を使ったテントが人気が出ない訳がありません。

今では、色々なブランドがポリコットン素材のテントやタープを出していますが、その中で僕が欲しいのは、テンマクデザインというブランドのテントなんです。

しかも、2つも気になるテントがあるんです。

そのどちらも、ソロキャンプに使えるので、めちゃくちゃ惹かれてしまいます。

スポンサーリンク

テンマクデザイン サーカスTC

出典:楽天

テンマクデザインのサーカスTCというテントは、とても人気があるテントで実店舗やオンラインショップでの販売があれば、販売開始後すぐに売り切れちゃいます。

しばらくの間、僕は本物を見たことがありませんでした。

その人気があるからというミーハーな気持ちも正直無いわけじゃないんです。

任天堂スイッチやミニファミコンのような品薄商法ではありませんが、レア度が高いものって惹かれちゃいますよね??

かと言って、それだけではないんです。

商品の質も高いから、人気があるんです。

ゆ〜ちゃん
最近は、よく見かけるよになったよね。

現在は、比較的人気が落ち着いたのか、欲しい人に行き渡ったのか、キャンプ場でも見かけることが多々あります。

冬にサーカスTCでソロキャンプしている方を見ると、憧れてしまいます。

ポリコットン素材(TC)

出典:楽天

サーカスTCの素材はもちろんポリコットンです。

比率は、ポリエステル65%とコットン35%となっています。

ポリエステルが入っているので、コットン100%の物より軽く耐水性があるんです。

それでも、ポリエステル100%の物よりは重たいですけどね。

耐火性

出典:楽天

この耐火性を重視する人も多いかと思います。

キャンプと言ったら夜の焚き火は欠かせないですよね。

ポリエステル100%の素材だと、火の粉が飛んできたらすぐに穴が空いちゃいます。

火の粉の熱ですぐに溶けちゃうんですよね。

あっちゃん
テントもそうだけどアウターも化繊だと穴が空いちゃいますよね。

ポリコットンなら、コットン素材も含まれているので穴が開きにくいんです。

わざわざ、テントから離れた場所で焚き火をしなくても良いんです。

耐水性

出典:楽天

ポリコットン素材は耐水性にも優れているんです。

ポリコットン素材テントを調べてみると、耐水圧が普通のテントより低くなっていることがあるんです。

はじめてその数値をみると「えっ?!全くダメじゃん!」って、思っちゃうかも知れません。

しかしポリコットン素材の性質として、水を吸うことによって膨張するというのがあるんです。

これにより生地の目が詰まって、水を通さなくなるんです。

なので、書かれている耐水圧の数値が低くても大丈夫なんです。

しかもこのサーカスTCは、撥水加工もされているので、突然の雨でも心配ないんです。

サーカスTCのサイズ

出典:楽天

サーカスTCのサイズは、420×420×280(h)cmとなっています。

サーカスTCは正方形ではなく5角形をしています。

それでも420×420cmというサイズは、大きめです。

初心者の方にオススメのテントでコールマンのタフワイドドームというテントがあります。

このタフワイドドームのフロアサイズが300×300cmで4~6人用なので、それより大きいんです。

サーカスTCはワンポールテントなので、天井の高さは1番高いところで280cmですが、隅に行くほど低くなります。

それでも、このサイズなら有効面積が広くて、ファミリーの使用に適していると思います。

価格

テンマクデザインのサーカスTCは、インナーテントとフロアシートが別売りになっています。

それでもポリコットン素材のテントとしたら、値段が安く買いやすいと思うんです。

ゆ〜ちゃん
他の有名ブランドのテントよりは安いのかな。

最近では、アマゾンや、楽天でも在庫があるので、比較的すぐ買うことができます。

インナーテントやフロアシートは無理して買わなくても、コットを持ち込んでベットにしたりとアレンジして使うことが出来ます。

ファミキャン用にサーカスTCが良さそうですが、ソロキャンプでも活躍するはずです。

見た目もカッコ良く、おしゃれですもんね。

テンマクデザイン サーカスTC スペック

詳細

素材・本体:コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み

素材・裾部(スカート):ポリエステル

素材・ポール:スチール製5本継ぎ(φ30mm/280cm)

サイズ:420×420×(H)280cm

重量 :(約)8,580g(本体・張り網6,250g、ポール2,330g)

付属品:ポール、張り網、設営用ガイドセット、ペグ、収納袋

テンマクデザイン パンダTC

出典:テンマクデザイン

テンマクデザインのパンダと言うテントがあるって知っていますか?

ゆ〜ちゃん
ソロキャンパーさんに人気だよね。

パンダというカワイイ名前が付いているこのテントは、女子キャンプを提唱しているイラストレーターの『こいしゆうか』さんが、テンマクデザインと企画したのが始まりです。

当初は真っ赤なテントでとってもかわいいテントでした。

女の人でもソロキャンプで使うことができるほど、軽量でいて細部にもこだわりがあるテントです。

発売後は人気が出て、女性はもちろん男性にも人気がありました。

そのテンマクデザインのパンダにポリコットン素材が出たんです。

正式には出るんですという状態ですが、これがなかなか良さそうなんです。

テンマクデザインのパンダTCのサイズ

出典:テンマクデザイン

テンマクデザインのパンダTCのサイズは、従来のパンダより大きくなっています。

今までは、フライのサイズが約240×240×150(H)cmでした。

今回のパンダTCはフロア部分で270×270×170(H)cmと30cm大きくなっています。

高さも20cm高くなっています。

インナーも約220×100×135(H)だったものが、250×115×155(H)cmと大きくなっています。

これなら、男性の方でも広く使うことが出来そうです。

テンマクデザインのパンダのTCバージョン

出典:テンマクデザイン

今回のテンマクデザインのパンダはTC(ポリコットン)です。

上記のサーカスTCと同様に、通気性が良く火の粉にも強い素材となっています。

その為、火の粉が飛んで来てもすぐに穴が空いてしまうという事はありません。

ただし防炎加工は施されていないので、テントに炎が届くような所での使用はできません。

あっちゃん
こんな風にソロキャンプしてみたいですよね。

テンマクデザインのパンダTC インナーテント

出典:テンマクデザイン

サーカスTCと違って、パンダTCにはインナーテントが付属しています。

サイズは先ほど触れたように、従来のテントより大きい作りになっています。

幅が115cmあるので幅が75cmのシュラフを置いても、もちろん余裕があります。

これなら、お父さんのソロ用テントとして完璧ですよね。

テンマクデザイン パンダTC スペック

詳細

素材・フライシート:ポリエステル65%、コットン35%(表面撥水加工)

素材・インナーボトム:ポリエステルタフタ68D

耐水圧:インナーボトム1,500mm

サイズ・フライシート:270×270×170(H)cm

サイズ・インナー:250×115×155(H)cm

重量:総重量(約)5,440g

付属品 :ポール、張綱、ペグ、収納袋

どうしても欲しいのにパンダTCの在庫がないという場合、新素材のVCを使用したパンダVCも販売されています。

コットン混紡生地(VC)で、コットン60%ポリエステル40%の割合になっています。

ポリエステルよりは、穴が空きにくいようになっています。

DODのワンポールテントはサイズが選べて使いやすい!

ワンポールテント
DODのワンポールテントがおしゃれ!3つのサイズと3種類のカラーはシチュエーションに合わせて使えるのでとっても便利!キャンプ初心者にもおすすめ!

キャンプの時、テントって何を使ってますか? 初心者の方なら、コールマンやスノーピークのテントをすすめられて購入したよって方が多いと思います。

続きを見る

まとめ

テンマクデザインの2つのテント、ソロキャンプにも良さそうじゃないですか?

両方ともポリコットンで、近くで焚き火が出来るのが嬉しいですよね。

しかも、ワンポールテントなので設営だって簡単そうです。

理想は、ファミキャン用としてもソロキャンプ用としても両方の用途で使うことです。

あっちゃん
そうなるとパンダTCではキツイかな〜

両方買って、使い分けることが出来たら最高なんですけどね(笑)

きっとオシャレで楽しいキャンプが出来るんだろうなって夢が膨らみます。

初心者におすすめするテントはこれ!これからキャンプをはじめる方でも心配しなくて大丈夫なテント5選!

キャンプ好きなごくは、25年前から友人とキャンプを始め、毎年本栖湖の浩庵キャンプ場へ行っていました。 家族ができてからも、子供が小さいうちは行けませんでしたが、成長してからはファミキャンを楽しんできま ...

続きを見る

アイキャッチ画像 出典:テンマクデザイン

-Tent・Tarp・Sleeping
-,

© 2021 あっちゃんの時々ソロキャン