ポータブル電源アイキャッチ

Fashion・Style・Other

消費電力500Wが使えるおすすめのポータブル電源!!非常時にはポータブル電源が役に立つ!

キャンプにポータブル電源を持っていくことって、数年までは現実的ではありませんでした。

それは、ポータブル電源の値段がまだ非常に高く、僕ら一般人には高嶺の花だったんです。

しかし現在では、バッテリー容量が比較的少なめなポータブル電源は、安価で購入することができるようになりました。

僕はというと2年ぐらい前にポータブル電源をキャンプで使い始めたのですが、冬に電気毛布で暖をとったり暑い季節は扇風機で涼をとったりと便利に使えてきました。

でも、当時5万円弱の値段だったポータブル電源ですが、消費電力が200Wまでと上限があったんです。

上限があることで、キャンプ場では使えるものと使えないものがでてきちゃうんです。

例えば、小型のセラミックファンヒーター。

これは卓上用の小さな物ですが、弱で使っても300W、強で使うと500Wもあるんです。

200Wが上限だったポーターブル電源では、もちろん使うことができません。

また、電気カーペットも1畳用で200Wもあるので、それも使うことができませんでした。

あっちゃん
だからと言って必要ないというわけではありません。

やっぱりポータブル電源はあればあったでとても便利に使えすんです。

それがキャンプでも非常用としても、用意しておくと良いと思います。

そこで今回は、消費電力が500W以上で比較的購入しやすいおすすめのポータブル電源を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

消費電力500Wが使えるおすすめのポータブル電源

キャンプでのポータブル電源の用途

キャンプ

出典:楽天

キャンプでポータブル電源があると何がいいのか、またどんな使い方をするのかと考えたことはありますか?

まずはよく使うスマホやタブレット、これら機器は最近のキャンプでは手放せませんよね。

少し前では、僕もキャンプではスマホをなるべく触らないようにしたり、ましては子供には見せないようにしていました。

しかしSNSが生活の一部になっている現代では、スマホで写真を撮ったり公開したりするのは当たり前になっています。

日中にスマホやタブレットを使っているから、夜までバッテリーが持たないなんてこともあります。

ゆ〜ちゃん
モバイルバッテリーで良いじゃん!

もちろん、みんなが持っているモバイルバッテーリーで充電することはできますが、それが複数台あったり、また他の機器にも使おうと思っていたら、もしかしたらモバイルバッテーリーだけでは足りないかも知れません。

更には、快適にキャンプを過ごすために、暖房器具や涼をとる扇風機なども使いたいところです。

200Wが上限のポータブル電源では電気毛布が使えたので、冬でも電源サイトを予約せずとも、どこでもキャンプをすることができました。

また、夏はパワーがあるコンセント式の扇風機やサーキュレーターも使えたので、より涼しく快適でした。

ただ消費電力の上限が低いポータブル電源では、限られた電気製品しか使うことができなくなってしまいます。

消費電力が高いものでも使えるポータブル電源の方が、使用用途が広がって、より便利に使うことが出来ると思います。

ただ上を見てしまうと、10万円を簡単に超えてしまうポータブル電源も多々あります。

さすがに、そこまでは手がでませんよね。

非常時の電源としても

災害にも

出典:楽天

関東にいると、今まではそんなに台風や地震の被害にあう事がなかったので、その重要性についてあまり考えた事がなかったのですが、キャンプ道具ってやっぱり凄いんです。

ゆ〜ちゃん
ロゴスの氷点下パックが大活躍だったよ!

電気が無くても、ランタンがあれば日が暮れて暗くなった時も助かるし、冷蔵庫が止まってしまっても、保冷剤やクーラーボックスがあれば1日や2日は何とかなったと聞きいた事があります。

キャンプ好きな方は、キャンプ道具があるので、こんな時とても助かりますよね。

でも、これがあったらもっと助かると思うのが、ポータブル電源です。

浜松市では、市役所でスマートフォンを充電する場所を設置しました。

スマートフォンから得られる情報だったり、SNSは最早生活には欠かせないものですよね。

ポータブル電源があれば、混み合う場所に出かけなくても良く、いつでも必要な機器に充電する事ができます。

そしてスマートフォンに充電する事もできるし、テレビの電源にも使う事ができるので、災害時の情報収集に役立ちます。

もちろん、上記で述べたようにキャンプでもスマートフォンの充電もできますし、他にもプロジェクターなど使い道はたくさんあります。

キャンプでも使える防災グッズとして、ポータブル電源を1つ準備しておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

防災グッズにポータブル電源がおすすめ

EF ECOFLOW ポータブル電源 RIVER 288Wh

EF ECOFLOW ポータブル電源 RIVER 288Wh

出典:楽天

EF ECOFLOWのポータブル電源 RIVERは、AC出力の消費電力が出力600Wで、ピーク時に1200Wとかなり高いんです。

容量は288Whと凄く多いというものではありませんが、RIVER専用エクストラバッテリーと合体することで576Whに拡張することができちゃうんです。

しかしEF ECOFLOWのRIVER単体では4万円弱とお手頃価格ですが、RIVER専用エクストラバッテリーが2万5千円ぐらいするので、合計したらそこそこの値段になってしまいます。

しかし、AC出力の600Wというのがこの値段のポータブル電源としてはかなり凄いと思います。

Amazonのレビューには、電子レンジやIHコンロやオーブントースターが動いたと報告されているので、キャンプ場での使用も期待できると思います。

使えるのは電源は、600WのACコンセント×3、USB-Aポート×2、100WのUSB-Cポート×1と、幅広く使う事が出来るので、スマートフォンはもちろん、家電やパソコンの周辺機器など使い道がたくさんあります

消費電力の高いドライヤーや、電子レンジが使えるのは、かなり魅力的だと思います。

あっちゃん
使用できる家電の幅が増えますよね。

それこそキャンプ以外に、災害時の非常用としても使用用途があると思います。

地震やその他の災害は、いつくるのかわかりませんが、普段から常に充電しておけばいざという時に使う事ができると思います。

まずはEF ECOFLOW RIVERの本体を単体で購入しておき、容量を増やしたい時にRIVER専用エクストラバッテリーを追加購入するという買い方もできるので助かります。

EF ECOFLOW ポータブル電源 RIVER 288Wh スペック

詳細

サイズ:28.8×18.5×19.4 cm

容量:288Wh

定格出力:600W (ピーク1200W)

ACポート数:3 (100-120V)

USB-C 出力:100W

ポート数:10

重量:5kg

JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB6-C

JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB6-C

出典:楽天

JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB6-Cは、なんと言っても安心の国内メーカー製というのが魅力です。

昨今、中国製のバッテリーから発火したとか爆発したなんてニュースもよく見るよになりました。

それを考えると、ちょっと値段が高くても安心の国内メーカーの物を使いたくなりますよね。

JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB6-Cは、最大電力500Wの機器が使うことができ、さらに容量も626Whとたっぷりあります。

容量が多いので、機器を長く使えたり、繰り返し使うことができるというメリットがあります。

使える電源は、USB-Aポート×3、AC出力×2、DC12Vシガーソケット×1と少し控えめとなっています。

ゆ〜ちゃん
USB-Cポートが無いんだね。

確かに最近の機器にはUSB-Cのポートが付いているものが多いですが、まだまだUSB-A→USB-Cというケーブルが主流だと思います。

最新機器っぽくは無いかも知れませんが、まだまだUSB-Cポートが主流になるのは先ではないかと思います。

なので、USB-Cのポートが無くても十分活躍してくれるはずです。

ちなみに容量的には、スマートフォン(15W)が約35回、電気毛布(60W)が約8時間、扇風機(30W)が約17時間となっているので、1泊2日のキャンプで使えると思います。

JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB6-C スペック

詳細

サイズ:19.3×30×19.2cm

バッテリー容量:626Wh

定格出力:500W(ピーク1000W)

出力ポート:USB-Aポート×3、AC出力×2、DC12Vシガーソケット×1

Jackery ポータブル電源 700

Jackery ポータブル電源 700

出典:Yahoo!ショッピング

Jackery ポータブル電源700は、AC出力最大で500W、瞬間最大1000Wまで使えるポータブル電源です。

多くのキャンパーさんが使っているので、見たことがある人もいるんじゃないでしょうか?

沢山の方が使っていると、ちょっと安心感はあると思います。

そんな僕も少し容量が少ないJackeryのポータブル電源400というモデルを使っています。

しかし、このポータブル電源400だと、AC出力の最大が200Wなんです。

容量自体はそんなに少ないとは思いませんが、200Wだと使える機器が制限されてしまいます。

あっちゃん
冬キャンプで電気毛布を強にするとギリ持つか持たないかといった感じです。

そこで1つ上のモデルのJackery ポータブル電源700なら500Wまで使えるし、値段も10万円以内と、なんとか頑張れば手がでそうな価格帯にあるんです。

使用出来るのは、AC出力ポート×2、USB-Aポート×3、DCポート×2、シガーソケット×1となっています。

こちらもUSB-Cのポートはありませんが、まだしばらく困ることは無いんじゃないかと思います。

ちなみに、携帯電話(12W)が約56〜60回、ミニ冷蔵庫(40W)が約16〜18時間使用できる大容量となっていますが、気温が低くなる時期のキャンプ場では、バッテリーの消費が激しくなります。

スマートフォンやブレットなどにの充電ならまず困ることは無いと思いますが、電気毛布やヒーターなどを使うと、思っている以上に早くバッテリーを消費してしまうので注意が必要です。

1つ上位機種のJackery ポータブル電源1000だと10万円を超えてしまうので、まずはポータブル電源700で様子をみるのが良いと思います。

Jackery ポータブル電源700 スペック

詳細

サイズ:30×19.3×19.1cm

容量:192000mAh/700Wh

定格出力:500W(瞬間最大出力1000W)

出力ポート:AC出力ポート×2、USB-Aポート×3、DCポート×2、シガーソケット×1

重量:6.3kg

Anypro ポータブル電源

Anypro ポータブル電源

出典:楽天

Anyproのポータブル電源は、消費電力500Wまで使えるポータブル電源です。

容量は120000mAh/444Whと大容量なのに、値段は3万円ちょっとで買えちゃうのでコスパに優れていると思います。

実はこれも使っているのですが、やっぱり定格出力が500Wもあると使える機器が増えるので、そこが魅力の1つなんです。

前回のソロキャンプではミニセラミックヒーターを使ってみたりしました。

ミニセラミックヒーターは弱で300Wなので、テントの中で足元に置けば温まります。

試してはいませんが、ホットカーペットの2畳用で約500W、炊飯器3合で約400Wぐらいが目安なので、定格出力が200Wの時には使えなかった機器もキャンプ場に持っていけるようになります。

出力ポートは、AC出力×2、USB-A出力×3、DC出力×4、USB-C出力×1、シガーソケット出力×1となっています。

USB-A出力のうち1つは、QC3.0テクノロジーの急速充電に対応しているので、スマホの急速充電に役立ちそうです。

あっちゃん
サイドにLEDライトが付いているんです。

これ以外に、本体のサイドにLEDライトが配置されています。

キャンプでは別途LEDライトやLEDランタンを持っていくと思うので、使用機会が無いと思いますが、非常時に常時点灯したりSOSの点滅させたりできるのは助かります。

いろいろな機能が詰まっていて、しかも値段が安いというコスパに優れたAnyproのポータブル電源もおすすめです。

Anyproのポータブル電源 スペック

詳細

サイズ:29×12×20cm

電池容量:120000mAh/444Wh

出力ポート:出力ポートは、AC出力×2、USB-A出力×3、DC出力×4、USB-C出力×1、シガーソケット出力×1

定格出力:500W

充電時間:8〜9時間

重量:4.5kg

Anker PowerHouse II 800 

Anker PowerHouse II 800

出典:楽天

Anker PowerHouse II 800 は、2つのAC出力から2台同時に使うことができ、合計で最大500W出力に対応しています。

容量は216,000mAh (778Wh)と大容量で、2泊3日のキャンプにも使えます。

Ankerといえば、ポータブルバッテリーが人気で実績がありますよね。

それゆえ、安心感も抜群。

なおかつ見た目もデザイン性が高くおしゃれなのが、かなり魅力的です。

出力ポートは、USB-A×4、USB-C×2、AC出力×2、DC出力×2、シガーソケット×1の合わせて11ポート。

ゆ〜ちゃん
めっちゃ多いね。

11個の出力ポートで合計最大770Wの高出力に対応しているんです。

しかもパススルーに対応しているので、ポータブル電源を充電しながら、他の機器を使うという使い方もできます。

ちょっと値段は高いですが、機能性もデザイン性も兼ね備えたポータブル電源だと思います。

Anker PowerHouse II 800 スペック

詳細

サイズ:約300×185×204mm

バッテリー容量:216,000mAh / 778Wh

合計最大出力:770W

定格出力:500W

出力ポート:USB-A×4、USB-C×2、AC出力×2、DC出力×2、シガーソケット×1

重さ:約 8.3 kg

まとめ

少し前までは、ポータブル電源ってすごく高いイメージがありましたよね。

今見てみると、思っていた以上に安くなっていてビックリしました。

ポータブル電源があるとキャンプのハードルも下がりますよね。

今までは寒い季節のキャンプには、電源付きのサイトじゃないと不安があって行くことができなかった人も「もうちょっと頑張って行ってみようかな」なんて思えるように背中を押してくれるアイテムだと思います。

しかしキャンプに持っていくポータブル電源は、なんでもいいというわけではありません。

あまり定格出力が低いものだと、使える機器が少なくて、せっかく持って行ってもスマホしか充電しなかったなんてことになりかねないです。

そこで僕的に、まあまあ安心できる500Wを基準にポータブル電源を選んでみました。

なるべく値段も10万円以下で探してみましたが、どうでしょうか?

キャンパーさんに人気が高いSmart TapのPowerArQは、お手頃価格だと定格出力が低いように感じたので、今回は選びませんでした。

そして、いつ来るのか分からない災害の為に、ポータブル電源を準備しておくのって少し勇気が必要ですが、いざその時が来たらとても助かると思います。

準備してなかった事に後悔さえするかもしれません。

キャンプなどのアウトドアを趣味にしている方は、防災グッズとしてもキャンプ場で快適に過ごす為にも使う事が出来るので、使用用途は広がりますよね。

防災グッズとして購入した後、何もしないで放置するのはバッテリーに良くないようなので、キャンプで活用しましょう。

キャンプに行く回数が少ない方は、車載などしてスマートフォンの充電などをたまにしておいた方が良さそうです。

大地震では無くても、台風によって大規模な停電になる事もあります。

もしもの為に、ポータブル電源を準備しておけば、情報収集の為にテレビやラジオを使え、スマートフォンの充電もでき、そして生活にも役立ちます。

快適なキャンプを過ごすキャンプギアとしても非常用としても、用意しておいてはいかがですか?

非常用として、トイレも準備しておくと良いかも知れません。

野原に設営されたプライベートテント
震災時トイレはどうするの?!被災時役に立つのはこれ!~キャンパーならogawa(オガワ)の防災用品が安心!~

キャンプ好きの方は、大震災が起きた時にテントや寝袋、そしてランタンなど使えるので安心しているところもあると思います。 しかし、いざ大震災が起こると、水や電気のライフラインの供給が止まり、とても困ってし ...

続きを見る

 

アイキャッチ画像 出典:楽天

-Fashion・Style・Other
-,

© 2021 あっちゃんの時々ソロキャン